↓他の記事も読みたい方はこちら
サイトマップと管理人ご挨拶

※スポンサー




2017/10/08

実検するおじさん

【実食】ポン酢味っぽさがある PRIDE POTATO 手揚食感 柚子香るぶどう山椒味【レビュー】

新生湖池屋は、新シリーズのPRIDE POTATOシリーズ3種をリリースしてからのち『ちょい高い』価格帯のスナックをいくつもリリースしてきました。ここで、PRIDE POTATOシリーズに新作を投入してきました。
追加された2種類の内、前回は『長崎 平釜の塩』味のレビューをしました。

今回は、もう1種類の方である『柚子香るぶどう山椒』味をレビューします。柚子および山椒味のポテトチップスは、私は他に知らず、非常に気になるところです。

※ スポンサー

〇湖池屋PRIDE POTATO 手揚食感とは?


 プレスリリースを引用しておきましょう。


以下引用
 「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感」シリーズでは、素材、皮の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類、仕上げなど、まるで料理を作るように理想のおいしさを追求する「KOIKEYA PRIDE POTATO」の精神を継承しながら、手作業でじっくりと丁寧に揚げられていた、創業当時のポテトチップスのような絶妙な食感を実現しました。
    ~中略~
   ■「KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 柚子香るぶどう山椒」
爽やかな香りが食欲をそそる高知県産の柚子皮と、和歌山県産ぶどう山椒のピリッと辛くキレのある風味。和の味わいによって、じゃがいもの旨みが噛みしめるほどに引き立つポテトチップスです。

以上引用おわり

〇パッケージ


PRIDEシリーズ共通の形状とデザインですが、これまでの白ベースではないです。手揚食感シリーズは別系統の色を使っていて、『柚子香るぶどう山椒』味では、落ち着いた緑をベースとしたデザインです。色合いが非常によく、すっきりとしたデザインで私は好きです。


〇チップスの見た目


『手揚感覚』と銘打たれているように、やや厚めで、しっかりと油で揚げられた印象。カルビーの堅あげポテトに近い方向性。手揚げのイメージというコンセプトも、堅あげと近いですからね。ロット違いのせいなのか、『平釜の塩』味と違って、ムラなく、揚げもあっさりした印象。初期ロットだったので安定していなかったのか、味によって変更しているのかは要検証ですね。



〇ひとくち食べると


 開封時の印象は、酸味の効いた柑橘系、おそらく柚子の香り。柚子皮の香りもするのだろうが、果汁系の柑橘系っぽい香りが印象的。醤油や山椒の香りもする。

 ひとくち食べると、柚子の香りと酸味、醤油、甘みでポン酢っぽい。山椒ではなく、唐辛子系の辛味。

※ スポンサー



〇食べ進めると


 ポン酢っぽさを強く感じる。ジャガイモのうまみもあってなかなか良い。酸味、醤油、甘み、柑橘の香り、辛味、奥に山椒で、七味と紅葉おろしを入れたポン酢っぽい印象。

 酸味や柚子の香りのおかげか、さっぱりと食べ進めることができる。『平釜の塩』味よりも、チップスに(油による)重さが無く、さっぱり感も相まって食べやすい。

 チップスはザクザクと、サクサクが混在した感じ。食べごたえと食べやすさがあって悪くない。ジャガイモのうまみと味付けがマッチしていてよい。

 後味に柚子の香りと山椒の良い香りが残る。山椒が印象的で、なかなか良い物を使用してそう。麻辣系以外で山椒が前面に出たチップスは知らないので、山椒好きとしては歓迎。逆に、山椒が苦手な人は避けた方が良い。唐辛子系のじんわりとした辛味と、後に残る少しの山椒のビリビリ感が混じって残る。


〇感想


 結構好きですね。どんな味?と聞かれたら『七味の効いたポン酢味』と答えればよいと思います。味がなかなか繊細で複雑です。味の方向性的に、和のツマミ、たとえば湯豆腐や冷奴などと並べてつまんでもマッチングが良いように思いました。

 『平釜の塩』はなんだったんだ!?と思えるさっぱり感と食べやすさで良かったです。もう一度『平釜の塩』を食べて、油が濃かったら商品によってチューニングが違うと結論付けられそうです。



PRIDE POTATO関連レビュー

☆ 魅惑の炙り和牛味レビュー

☆『PRIDE 秘伝濃厚のり塩』と『のり塩』比較レビュー

☆ 手揚食感 長崎 平釜の塩味レビュー



お菓子や飲料類のレビューはラベルの食品・飲料から閲覧できます。また、ラベルの買い物かごの中身から、その他、各種レビュー記事が閲覧できます。