↓他の記事も読みたい方はこちら
サイトマップと管理人ご挨拶
画像・記事の二次利用も上記まで
※スポンサー

2018/11/17

実検するおじさん

[コラム]インプット型とアウトプット型の趣味との付き合い方

趣味との付き合い方は人それぞれです。
独り黙々とその趣味と向き合う人もいれば、同じ趣味を持つ人と広く交流したり、趣味を通じて何かを作り出したり表現したり…。

ここで、この向き合い方についてよくよく考えますと結構難しいというのを以前より考えてきました。
写真撮影はアウトプット型が主となりやすく、
インプット(フィードバック)を得やすい

趣味で人に迷惑を掛けなければ良い、というのも正しいのですが、ただ自分が楽しむだけでは頭打ちが早いのではないか?とも思います。また、人と交流するといっても、考えが異なることを許容できなかったり、逆に受け入れすぎるのも問題になったりします。

この記事では、物を買って自分の中に取りこむ事(インプット)が主となりやすいオーディオ関連と、買った道具を使って表現する事(アウトプット)が主となりやすい写真撮影を対比させながら、インプットとアウトプットのより良い関係について考えてみたいと思います。

※注意
 この記事はとても長いです!

2018/11/15

実検するおじさん

HIFIMAN SUNDARAとANANDAの比較レビュー[貸与品]

HIFIMAN JAPAN様より平面駆動ドライバーを搭載したヘッドホンであるSUNDARAとANANDAをお借りしています。

ANANDAが上位機種という位置づけで、ざっくりと言って『さすが上位機種』と感じる完成度を持っています。しかしSUNDARAも独自の良さがあり、この2機種を検討する人に何か参考になれば、と考えて記事に起こしました。

通常は1機種ずつのレンタルですが、返却日程の都合で2機種同時にお借りできたため、この度、このような企画ができましたことをHIFIMAN JAPANさんにはお礼を述べつつ、少しでも貢献できれば、と思います。

SUNDARAのレビューはこちら

ANANDAのレビューは現在執筆中です。

2018/11/10

実検するおじさん

[レビュー]HIFIMAN SUNDARAは優しさと中高音の明瞭さを両立[貸与品]

HIFIMANさんより上位機種のANANDAのレビュー依頼を頂いたのですが、良さを文章に起こす自信が無い!と思い、無理言って下位モデルとなるSUNDARAもお借りしました。(比較ならやりやすいと思いまして…)
使ってみてびっくり、SUNDARAもとても良いです。
当然、ポテンシャルはANANDAの方が価格なりに上なのですが、SUNDARAにも独特の良さといいますか、落ち着きのあるサウンドは好みにハマる人もいるのではないか?と感じます。

詳しく見てゆきましょう。

2018/11/09

実検するおじさん

屋内ライブ撮影やポートレートでLumix G9 Proが欲しくなった話[カメラ・レンズ]

本当にごく稀ですが、小さなライブハウスやバー、屋外にてライブ出演者の撮影をお願いされることがあります。かなり手間がかかるため、お駄賃を頂くことにしていますが、それだけに失敗が許されずに結構緊張します。
先日、ちょうど依頼がありまして写真を撮ってきました。(トリミング有)

屋外は屋外なりに難しさがあるのですが、室内だとかなり暗いことが多く、非常に厳しい戦いが強いられます。というわけで、私が室内ライブ撮影をする際の機材で外したくないポイント、要求する性能をまとめてみました。

そしてその性能を満たしてくれるのが、私にとってPanasonic G9 PROではないか!?というお話です。

室内ライブ撮影でのポイントや設定も記載していますので、そういうのに興味がある人の参考になればと思います。

※スポンサー