↓他の記事も読みたい方はこちら
サイトマップと管理人ご挨拶

※スポンサー




2017/05/28

実検するおじさん

【xDuoo X10用】MicroSDカードに関する注意点

xDuoo X10を気に入って使っているのですが、初DAPということもあり買う前は情報が少なくて若干不安でした。X10のレビュー記事はこちら


その不安要素のひとつは、MicroSDカードをどれを選べばよいのだろう?という点でした。というわけで、今回はxDuoo X10で使うMicroSDカードに関する注意点をまとめました。

注意点、というほどではないですが『これ使ってて私はOKですよー』というように参考にしてもらえると嬉しいです。

※スポンサー


〇xDuoo X10のおさらい


 メーカー名はエックスデュオと発音します。xDuooのDAPのなかで、最上位機種に位置するのがX10です。xDuooの製品は、価格の割にスペック(使用IC)や対応規格などが良いというのが特徴です。その代り、液晶が小さかったりなんだかんだと最高ではありませんが、なかなか気に入っています。

詳しくはレビュー記事へどうぞ

商品はこちら↓ リンク先は国内正規品となります。



〇xDuoo X10に使用できるメモリーは?

展開図の右側に窪みがあるのが見えます。ここへMicroSDカードを2枚挿すことができます。容量の最大値は128GBで2枚挿しでMAX256GBとなっています。


〇私が使用しているMicro SDカード


 私はSanDisk派でして、最近はすべてSanDiskを選択しています。調べた限りでxDuooの推奨の規格や転送速度というのが分かりませんでしたので、えいやーと買ったのは以下になります。


 スペック的には、Class10 UHS-I対応 R:80MB/sということになります。そこそこ速いですが、中の上ぐらい(2017年5月現在)でしょうか。ちなみに、xDuooの中国サイトを見ると、明らかにSanDiskのUltra128GB(メーカーロゴは消してある)の写真を使ってPRされています。だから最適とは言いませんが。

 さて、ハイレゾの音源自体は、24bit/192kHz 4分半の楽曲で約230MB程度です。しかも、通常使用では読み出しだけになります。そう考えると超高速品のためにお金を払うより、容量が大きい方を選びたいのが心情ですね。

 今回は、初めてのDAP、初めてのハイレゾということで、それなりの速度の、それなりの容量の物を選びました。(もし速度が足りなかったらカードがもったいないし…)それに、容量不足となれば2枚挿しすればよいですから。

 ちなみに、64GBですと、4.5分の楽曲が約270曲分となります。アルバム1枚に10曲だとして、約27枚ですね。うぉ…思ったより少ない…


〇xDuoo X10のMicroSDに適したフォーマット


 このX10では使用するMicroSDカードはFAT32フォーマットが必須となっています。そしてなんと、Windows7以降ではFA32でフォーマットできないことが分かりました。もしFAT32でフォーマットせずに使うと、最初は使えはするのですが、X10にて使用後にPCにMicroSDカードを再度読ませようとすると『エラーがある』と警告が出て上手く動作しなくなります。

 というわけで、Windows7以降のPCを使用している場合は、Windowsの標準機能以外でFAT32でフォーマットする必要がありますが、私はアイオー・データが提供しているフォーマッタ(公式サイト)を使用しました。(ハードディスクフォーマッタとなっていて、恐々STARTを押したのは秘密です。)


〇カメラ用SDカードと違い


 カメラ用にSDカードを選ぶ際は、書き込み速度を重視しています。先に例示したSDカードは読み込み速度の保証値は明記されています。一方で、書き込み値は(少なくとも前面には)明記されていません。
 私がカメラ用に使用しているのはこちらです。

こちらは、書き込み90MBが保証されています。実際に使用してかなり安定していますし、連射しても遅くなるのを感じません。(カメラ起因で遅くなるのは別。SDカードを遅いのに変えてみると差が分かる、という意味です。)


〇海外リテールって何?


 Sandiskなどは、店舗での価格と通販での価格が大きく違うということがあります。だいたい、そういう場合には『海外リテール品』と銘打たれていたりします。

 慣れていないと『偽物じゃないの?』と思ってしまって二の足を踏みがちです。また、Sandiskは偽物が多いという話もあり、余計に不安になります。


 まず『海外リテール品』とは、海外で正規販売されているパッケージ品ということです。ですので、中身は同じです。その海外で売っている商品を、どういうルートか日本で販売している、ということになります。簡易パッケージであることが多かったり、いろいろな中間マージンが少ないのか、国内正規品よりも安い、ということが多いです。

 ここまでなら、安くてお得、という話なのですが、海外リテール品を偽った偽物が存在し、輸入業者が偽物を掴まされたパターンや、業者が偽物を海外リテール品として売るというパターンがあります。また、本物であっても、保証が本国のみだったりします。


 そのため、海外リテール品を買うなら、信頼のおける店舗にて買うのが安心です。別に広告費をもらっているわけではないですが、私が買うときは必ず、上記リンクで示した楽天市場の風見鶏さんを使用しています。こちらは長年営業されており、送料無料、対応も早く安心して使っています。そこそこ高価格のSDカードを買っていますが、偽物っぽいと感じることもないですし、そういう話も出ていないですね。
(一部、偽物だ!と断定しているレビューがありますが、もうちょっと検証してから断定しろよ、みたいなレビューばかりです…)


〇まとめ


 ぶっちゃけて言ってしますと、速くて容量のデカいSDカード(X10にはMicroSD)を買ってね!ってことですが、お財布にも厳しいので、よりお得に使いましょう、という情報をお届けしました。

 X10に関して言うと、FAT32フォーマットというのがネックになっています。しかし、アプリケーションでなんとかなりますので、ぜひご活用ください。

X10のレビュー記事はこちら


ラベルのヘッドホン・イヤホンから他の商品のレビュー、またはラベルの買い物かごの中身から各種レビュー記事が閲覧できます。