↓他の記事も読みたい方はこちら
サイトマップと管理人ご挨拶

※スポンサー




2017/03/17

実検するおじさん

【腕時計】Steinhart OCEAN One VINTAGE Red【ダイバーズ】【お気に入り】

もう5年以上前に購入した時計です。普段は小型の時計を使うことが多いですが、気に入っているので、ちょくちょく使っています。


 Steinhartというドイツ南部に拠点を持つ時計ブランドです。以前のことすぎて、なぜこれを知ったのかとか思い出せないのですが、おそらく、2chか何かでドイツ系の時計が安くて品質が良い!というのを見かけたような気がします。

 ぶっちゃけて言ってしまえば、某有名ブランドのダイバーズウォッチのデザインを、多少変更した物になります。



※スポンサー




〇Steinhartとは?


 Steinhartというドイツ南部に拠点を持つ時計ブランドです。製造はスイスで行っているようです。ムーブメントは(ラインナップ全部確認したわけではないのですが…)ETAのものを使用しています。自身の工場を持っているかどうか、ケースの製造を行っているかどうかは不明です。


〇どんな時計があるの?


 主力(と私が思っている)商品はRolexのサブマリーナ系のオマージュで、〇〇年代のあれっぽい、とか英国軍に支給していたタイプに近いとか、そういうニッチなポイントを攻めたラインナップです。

 主力と勝手に言ったのは理由がありまして、Steinhartで調べていると、ヒットする画像はそれらのシリーズが多いのです。だいたいは海外のフォーラムなのですが、かなり高評価を得ているようです。

 そのようなフォーラムでは本物と並べている写真なども多く、海外のコアなギーク達も注目する(トップランナーにはなれないけど)実力のあるブランドと言ってよさそうです。(私が最近チェックしているMassDropのコミュニティーでも名前が挙がっていますね)

 その他にも、マリーンタイプなんかは、なかなか清楚な印象があって好みですが、買えていません。パイロットタイプも既視感のあるデザインです。オリジナルデザインについては苦手と言ってしまっても良いかもしれませんね。


〇Steinhart OCEAN One Vintage Red



 詳細は公式サイトへどうぞ。消費税抜き320ユーロ+送料30ユーロで購入できます。(関税はかかったっけな?)日本でも輸入して売っているお店もあるようです。
 どうもバージョンが変わっているらしく、現行品の方が蛍光塗料部分の日焼け感が強くなったかもしれませんね。

 普段は、NATOタイプのナイロンストラップを着けています。付属のメタルバンドの質感は非常に高く、かなり満足しているのですが、どうしても主張が強い感じがするのでこちらで。
 ナイロンストラップの柄は俗に『ボンドタイプ』と言われているものです。どうせ日本の雑誌が言い出したんだろうと思っていたら、海外のショップでもBondとか書かれていたので、わりとメジャーなのかも。(日本人向けの記載かもしれませんが) 


 風防はドームタイプのサファイアガラスです。最近のサブマリーナのようなデイト表示のレンズは無いです。(まぁドームタイプですし)

 調査しましたところ、1970年代のシードゥエラーをオマージュしたもののようです。ドーム風防と赤いアクセントが気に入ってこれに決めた記憶があります。

 私はサブマリーナのような高級時計を所有していません。ですので、私の個人的な感覚から判断させてもらえば、作りは丁寧で、丹念にデザインされたのを感じます。ベルトの質感も良く、バックルの固定もダブルロックが付いたタイプですし、長さ調整もねじでコマを外すタイプで好感が持てます。

 防水でアウトドアのイメージによく合うので、そのような服装の時に合わせます。また、ややカジュアルなジャケット&パンツのスタイルにも合いますね。逆にスーツの時は印象に合わないので避けています。この辺りはナイロンベルトに変えていることも影響していると思います。ボンドをイメージしてコーディネイトするならアリですね。


〇雑感


 サブマリーナにそっくりなダイバーズウォッチは、世の中でゴロゴロ売られています。私の感覚を言わせてもらうと、Fenderのストラトやテレキャスみたいに『ブランドのアイコンだけど、一般認識されたデザイン』になってしまっているような気もします。その中で本物を持つということに意味があることも理解しています。
 また、本物に『パクリだ』と言われれば、そうだと認めるしかない気もします。そのあたりの葛藤は、紹介する上で自分の中にあります。

 このあたりが微妙に『レプリカジーンズ』の世界に近いなと思っています。すでに手に入らないモデルをベースに、付け加えたエピソードに沿って、日本の変態心と技術力によって、高品質な製品を作っているという点です。

 そういう意味で、良いものを作っているので、海外でも評価されているのかな?と予想しています。素朴で質実剛健な時計をこれからも作ってもらい、『Steinhartってブランドだから』と紹介できるようなブランドとして生き残ってほしいですね。


〇撮影機材


 Nikon D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
レンズの弊ブログレビュー記事
 どの写真も結構絞っています。寄って撮るとボケやすいですね。


〇買い物かごの中身の評価


大雑把なお買い得度を評価する指標です。基準はこちらから。

お買い得度 ☆☆☆★★
使い勝手  ☆☆☆☆★
お勧め度
  一般  ☆★★★★
  趣味人 ☆☆☆☆★

コメント
 購入時は超円高ということもあって、かなり割安感がありました。現在でも直輸入なら5万円弱ですか。質感は良く、作りも良いので5万円の価値はあります。サイズはデカいですが地味なので、派手な時計を好まない人で、質の高いダイバータイプをお探しの方へ。
 ブランドを重視する人、時計のブランドを見られるような立場にある人にはお勧めしません。Rolexでないことが知られて、周りにどう思われても良いと考えるタイプの人は、面白味があって、満足感が得られる時計だと思います。
 もし、この時計に興味を持っていて、ブランドは気にしないっていう人は、趣味人の領域に足を突っ込んでいると思います。自覚のない人は注意した方が良いですよ…

 もし、さらに興味があって、もっと写真が見たいという人がいればご連絡ください。撮り足してみたいと思います。


 ストラップはこれ。こんなに高かったかな…?似たようなものはありますが、NATO軍G10正規品ということで選んで使用しています。

※ スポンサー