↓他の記事も読みたい方はこちら
サイトマップと管理人ご挨拶

※スポンサー




2017/01/13

実検するおじさん

【レビュー】TIMEX ORIGINAL CAMPERは素朴でカワイイがこだわりがあり良い

時計買っちゃいました、って言うほどの価格帯ではありませんが。

TIMEX キャンパー 復刻版です。正式型番はTW2P88400です。
TIMEXのキャンパーのデザインベースとなった、ベトナム戦争時の軍用支給品を、可能な限り復刻した!というのが売りの時計です。そのため、ORIGINAL CAMPERという名前が付けられています。

そういう商品の『バックボーン』を楽しむのも時計の楽しみ方のひとつですが、それを差し引いても、競合する別商品にはない端正さやデザイン上のこだわりを感じて、気に入っています。詳しく見てゆきましょう。

関連記事
【更新しました】2017年11月末現在の新モデルの情報まとめ 

似たタイプで、↓こちら↓も気に入るかも
【腕時計】MWC ベトナム戦復刻モデル【お気に入り】

※追記
レア物になりつつあるナイジェルケーボンコラボモデルを購入できました。実物レビューしています。
【実物レビュー】NIGEL CABOURN TIMEX NAMウォッチはこだわりが濃縮された一品 

※スポンサー



〇TIMEX オリジナルキャンパー TW2P88400


 そもそもTIMEXのキャンパーは、ベトナム戦争時にアメリカ軍で使用された軍用の支給品時計をベースに、ミリタリーをイメージしてデザインされたシリーズになります。そのキャンパーの初期モデルを復刻したのが、このTW2P88400です。初期モデルなのでオリジナルと呼ばれております。

 雑誌などの売り文句には、当時のフォントを再現とか、3Dスキャンにて形状をミリ単位以下で再現、とか語りたくなる薀蓄が並んでいます。

 ぶっちゃけ、いまどき3Dスキャンを使って形状を読み込み、マイクロ単位の形状を作るのは、そんなに珍しいことではないと思うのですが、そこは、まぁ広告ですから。

 オリジナルは手巻きムーブメントだったそうですが、こちらはクオーツムーブメントとなっています。また、日本での先行販売、となっていますが、調べた感じでは海外では発売されていないようです。(2017年1月現在)


〇買ったきっかけ


 会社で使っているG-SHOCKがボロボロに崩壊しまして、それでも使っていたのですが、ボタンが露出してしまって、ポッキリ折れる可能性が高くなったので、買い替えることにしました。

DW-9900-8 発売年数から見て16年経過ですか。
長い間お疲れ様でした。
 
 それで、色々候補を考えたのですが、軽い、小型、安価などの条件で考えました。候補に残ったこの復刻版は、正直いつまで販売しているのか微妙でしたし、ディスコンになったらしばらく再生産しなさそうなので、買ってみることにしました。似たような時計はいくつも持っているくせに、TIMEXは初めての購入です。
※何度か在庫切れもありましたが復活しています。通常生産になった模様。


〇特徴など




 商品のルーツは説明しましたので省略しまして、見た目ですが、現行のキャンパーよりもケースのふちが細くて、文字盤が広いですね。現行のキャンパーは、もっとふっくらしていてコミカルな感じですが、復刻版はもう少し端正な顔立ちです。

 ケースは総樹脂ケースです。色も樹脂成型色です。個人的には塗装の方が好きですが、これはこれで魅力があります。デザインのベースとなったモデルが樹脂成型色ということで、オリジナルを大事にしているのを感じます。色合いも彩度が低く渋くて良い感じです。

 写真では表現できなかったのですが、文字盤のプリントは、多少凹凸感があって、ただ安いだけではなくて、良い雰囲気を出すのに一役買っています。

 ベルトは差し込んだだけのナイロンベルトで、遊冠(ベルトの残りを止めるリング)が付けられたUSアーミータイプなどと呼ばれるものになっています。個人的に、あまり好きじゃないんですよね。

というわけで、いわゆるNATOタイプのベルトを着けました。これは、雑誌のおまけで付いてきた時計に使われていたやつですね。(奥側)ミリタリー好きからすれば、それにNATOタイプかよ!という突込みが入りそうですが、そのあたりは好みで…

 手前側は、気に入っているMWCのベトナム戦争モデル(レビュー)で、ベルトはスマートターンナウトを使っています。1万円以下の時計に3000円ぐらいするベルトを着ける…矛盾を感じるのは自覚しています。


 これらの時計の特徴で、私が好きなのは、プラスチック風防の膨らみで、ぷっくり膨れています。斜めから見ると、見事に文字が歪むのですが、かわいさが出て好きです。当たり前ですが、文字が歪むので視認性は落ちます。まっすぐに見れば問題は無いですよ。

左:TIMEX 右:MWC

 TIMEX復刻版は完全にプラケースです。ベルト通しも橋のようになっています。MWCは金属ケースで黒塗装となっています。また、ベルト通しはバネ棒式ですね。
 この部分の違いにより、TIMEXの方がベルトが通る部分が狭く、分厚いベルトは通らないかもしれません。


〇その他気付いたこと


 ケース径は36mmなので小さいです。どこかの店のレビューで『男性用とは思えないぐらい小さくて使えないのでトイレの掛け時計にしました』とか書いていましたが、サイズ調べろよ、と。


 とにかく、小型でそれなりに薄いです。派手さはありませんが、デザインが整っているので、静かな主張があると個人的に思っています。ベルト幅は18mmです。定番サイズでラインナップが豊富ですので、お好きにお選びください。ケースがODなので、黒、デザートサンド、グレー、ODなどが似合いますかね。

 ムーブメントの音は大きめに聴こえます。音量は大したことないですが、MWCとかと比べると気持ち低めの音で、響きやすくて聴こえやすいようです。気になる人は気になるかも。ちなみに1ヶ月近く使いましたが、誤差はほとんどなく優秀です。
※半年以上使いました。誤差は少ないです。電車の乗り換えがシビアな時があり、1度調整しなおしたことがありますが、その時も誤差は小さかったので、ラフな使い方ならほぼ調整不要です。

もう少し続きます。
※ スポンサー




〇買い物かごの中身の評価


大雑把なお買い得度を評価する指標です。基準はこちらから。

お買い得度 ☆☆☆★★
使い勝手  ☆☆☆☆★
お勧め度
  一般  ☆☆★★★
  趣味人 ☆☆☆☆★

コメント
 ミリタリールックからトラッド、スポーティーな感じにも似合うので使い道は広いです。ベルトを替えることによって服装とのマッチングを替えられるのも良いです。これを『かわいい』とか『あいくるしい』と思えるようになってきたら『こじらせた人』に足を踏み込んでいますね。いらっしゃいませ。
 チープカシオなどと価格だけを比較すると少し高いので、お買い得度は控えめに評価しました。2017年8月現在で6000円を切っており、この価格ならお買い得度☆4つでも良いでしょう。
 良さが分からない人には全く分からない時計なので、一般へのお勧め度も低くしてあります。趣味人へは、TIMEX好きは買って損は無いと思います。大型の時計が流行の昨今で、小型でケースのふちが薄く、端正なデザインというのが案外と少ないので、そういうのが好きな人には非常におすすめです。☆4つ。

関連記事

【更新しました】2017年11月末現在の新モデルの情報まとめ 



似たタイプで、↓こちら↓も気に入るかも
【腕時計】MWC ベトナム戦復刻モデル【お気に入り】


※追記
レア物になりつつあるナイジェルケーボンコラボモデルを購入できました。実物レビューしています。
【実物レビュー】NIGEL CABOURN TIMEX NAMウォッチはこだわりが濃縮された一品 




紹介したのは上の2つです。ネイビーもあります。一番下は通常品。


※スポンサー